社長挨拶

 明治から昭和初期に活躍した政治家であり都市設計の計画家でもある後藤新平は、当時は日本国であった台湾において今日の主要都市の大部分の設計を行い、次いで関東大震災で被災、破壊された東京の都市復興計画を立案するなどの活動をしました。後藤新平の設計した都市は、今も健在であり、いずれも大いに発展しています。
 後藤新平の座右の銘は、「金を残す人生は下、事業を残す人生は中、人を残す人生こそが上なり」であったと云われてます。

 都市設計とITという分野こそ違えど、ITソリューションの本質もこれと同じであると考えられます。
 コンパクトで便利なだけのシステムは、最終的に扱う人間が最も非効率的な存在となることが多く、人間の介在しないシステムは、どんなに便利であろうとも活用されなくなります。

 トライデント株式会社の提供するソリューションサービスには、3つのコンセプトとして 「最適化」「最小化」「最大化」を常に旨とし、お客様のITリテラシーを高め、人間を生かすシステムを提供し続けて参ります。


会社概要

商号 トライデント株式会社(英語表記:TRIDENT CO.,LTD)
設立年月日 2006(平成18)年12月22日
代表者 代表取締役  鈴木 勲
事業内容 アプリケーション・ソフトウェアの開発及び運用・保守
金融機関向けシステムコンサルティング
企業向け情報処理の代行
資本金 3,000,000円
所在地 〒143-0023 東京都大田区山王2-1-8 山王アーバンライフ4階
TEL:03-5718-1141(代表) FAX:03-5718-1142

沿革

2006年12月 トライデント株式会社設立(創業時資本金 400,000円)
2007年11月 資本金を3,000,000円に増資
2011年04月 事業所を東京都品川区西大井に移転
2016年09月 事業所を東京都大田区山王に移転

社名の由来

 トライデント株式会社のトライデントとは、英語表記ではtridentとなり、その意は3つの意味を持ちます。
 この3つの意は、最小化(Minimization) 最適化(Optimization) 最大化(Maximization)であり、これらのコンセプトに準拠して
社会と企業、個人へITを活用した情報化を推進する企業となるべく、この意を社名として定めました。